広告代理店は「効果的な媒体」に関するノウハウが豊富

かつて同じ地域に住む仲間たちと、ある地域振興イベントの企画、主催、運営に携わりました。スポンサーを集め1千万以上の予算をかけた、そこそこ大きなイベントです。

できるだけたくさんの人が来て、楽しんでもらいたいですから、どういう広告、告知の方法がよいか、広告代理店に相談しました。私の仕事はライターですので、たまに代理店から依頼をいただくことがありますが、今回は立場が逆で依頼する側になったわけです。

地域イベントですから、それほど遠くから人が来るわけではないので、広範囲での広告が必要ないですし、やってもあまり意味がありません。HP製作で告知するほか、開催地とその周辺の市町村にどう周知させるか、その広告活動が課題だったわけです。

それを広告代理店に無料見積りの相談すると、とても魅力的な媒体企画をいくつも出してくれました。もちろん代理店ですから、発注すればその一切の手配を引き受けてくれます。その内容が、とても気が利いていて細やかでした。

例えば鉄道の駅にポスターを貼るくらいのことは、自分たちでも思いつきますが、広告代理店の担当者は「このイベントの内容からして、何駅のどの場所に貼ればいいか」までアドバイスしてくれました。

そのほか、バスの車内広告や、地元エリアの求人ガイドブックへの広告など、目的に対する費用効果が高そうな媒体企画が多々提示され、選択に困るほどでした。予算の都合もありすべてを実施したわけではありませんが、プロの広告代理店の知識とノウハウにはやはり感心し納得しました。そのおかげもあってか集客数は目標数値に届きました。