高級鞄には価格に応じた価値が備わっている

あらゆる商品に当てはまることですが、価格に見合った価値が備わっているかどうかが購入にあたっての大きな関心ごとになります。価格が低いにもかかわらず、価値(品質)が高い商品は、”コスパが高い”と言われ、大きな反響を呼ぶことになります。逆の場合は”コスパが低い”と言われ、ネット上のレビューなんかではボロカスに叩かれることになります。

さて、そんなコスパですが、より長いスパンで見てみると、革で作られた高級鞄に勝るものはありません。ビジネスバッグなんかでは、オーダーで革製のバッグを通販で注文する人が後を絶えませんが、その理由はやはり一生ものの価値が備わっているからです。

まず革というのは、ほかの素材とは違い、耐久力が非常に高いです。また、使い込むごとに違った魅力(これを経年変化と言います)が引き出されます。何十年も前の高級鞄が、いまだに高額で取引されるのは、素材が革だという点が大きいのは明白です。すなわち、革製の高級鞄というのは、コスパという点において、非常に高い値をたたき出すことになるのです。

オーダーで注文したビジネスバッグの場合、デザインはもちろんのこと、内装(ポケットの数や位置、ジッパーの取り付けなど)や、革の種類(革と一口に言っても様々な種類があります)であったり、ほかにも用途や使用環境、服装なども踏まえて、多角的な観点から、その人にぴったりの作品を作り上げてくれます。品質も高く、大げさでもんでもなく、一生ものの価値が備わっています。価格はそれなりにしますが、しかしこれ以上にコスパの高い商品はないといっても過言ではありません。