費用対効果から見えてくるアルファードのカーリースの魅力

ここ数年、自動車の在り方が変化してきています。
自動車というと、マイカーローンを組むなどして購入し「所有」するというスタイルが一般的です。しかし、カーリースはこれまでと違い「賃借」するという新しい自動車のスタイルです。簡単なイメージでいうと、注文住宅と賃貸住宅のようなものでしょうか。

では、アルファードを自動車購入とカーリースの両者にはどのような違いがあるのか見ていきましょう。

まず、どちらも新車からスタートできること・グレード・支払いについても総額から分割で支払うことも同じです。しかし、両者の決定的な違いは支払いの内容です。自動車購入の場合は元本と支払い利息のみです。一方、カーリースは本体価格・支払利息の他に自動車検車費用・自動車賠償責任保険費用・定期点検費用等が含まれています。

一見するとカーリースの方が割高であるように思えますが、裏を返すと自動車を使用する上で見込まれる費用をパック料金で前支払いしていることになるのです。これはカーリース特有のメリットといえます。自動車購入であれば、車検や定期点検等の費用は全て個別に支払いをしなければなりません。そのため、将来的な費用を予測することが難しく資産設計も容易ではありません。その点、カーリースは諸費用を概算で支払うので貯蓄等の資産設計も比較的容易となります。特に、アルファードを検討される方の多くは子育て世代。つまり、将来的な費用を見込めることは子供の教育費等の貯蓄にも大きく寄与するといえます。

以上のことから、カーリースは将来的な資産形成に大きく貢献することが最大のメリットなのです。この機会に、是非カーリースを検討されてみてはいかがでしょうか。