暫く放置していた自宅の屋根の修理を終えました。

一昨年前の話しになりますが、自分の家の屋根を修理しました。

私の家は新築で10年と少し前に建てた家なのですが、正直なところそろそろ家の修繕を兼ねて家に手を加えた方が良いかなと思ってきている時期でしたが、そんな時期に台風で起きた突風により、家の屋根が少しずれてしまいました。

その事により雨漏りなどをした訳ではなかったので、修理が必要だと分かっていながらも、なかなか実際に行動に移す事はしませんでした。

しかし家の専門家に言わせるとそのような破損している部分を放置していると、益々の経年劣化に拍車をかけるので良くないという指摘を受けたので、そろそろしっかりと修理のことを考えないといけないと思っていました。

そんな中、朗報がありました。知人から火災保険に加入をしていれば保証内で修理ができるかもしれないというので、早速詳しい内容を自分なりに調べてみました。また、大阪府内で屋根の修理をしてくれる業者を探したところ、火災保険で修理をした家を何軒も扱っていると言うことなので、安心しました。

結果から言うと本当に火災保険を使って屋根の修理をする事が出来ました。幸いな事に大係な工事にはならず丸2日間で済みましたので良かったです。

業者さん曰く、あのまま放置をしていたらやがて雨漏りにもつながり、完全に屋根自体がずれて落ちてしまっていたと言われたので、その話を聞いた時には恐ろしくなりましたが工事も終わり、安心出来ました。