フロアマットが古くなってきたら社外品に交換しよう

車にフロアマットは必需品ですが、長く使っていると穴が空いてきたり汚れてきたりします。しかしそんなことはあまり気にせずにそのまま使っている人が多く、たまに友人などに車に乗せてもらうと買い替えればいいのに、と思うことも結構あると思います。フロアマットはディーラーで購入できますので、交換が必要になればディーラーで注文すればよいわけですが、多くの人が面倒がって買い替えないようです。

そんな人にはぜひともフロアマットの交換をオススメしたいと思いますが、実はフロアマットは結構高額です。スペーシアなどのコンパクトカーなら2~3万円で購入できますが、トヨタ・カムリなどのセダンやノアなどのミニバンだと5~6万円します。またレクサスやアルファードなどだと特殊な吸音材が入っていますので、10万円を超えることもあります。床面積が広くなったり、特殊な加工がされていると高額になる傾向があるようです。

みなさんは、社外品のフロアマットってご存知ですか。社外品のフロアマットというとカー用品店で販売されている汎用品を思い浮かべる方が多いと思いますが、最近は車種毎に専用設計されたのフロアマットが用意されています。しかも車種ごとに設計が違いますので、床にしかっりフィットして純正品と同じような敷き心地です。

こうした社外品のフロアマットは主にインターネットなどの通販で購入することができます。自分の車の車種と型式を入力すると簡単に検索できます。ここで注意したいのが、型式です。車種専用という事は、同じ車でも型式によってサイズが違うのです。届いてからサイズが車に合わないなんて事にならないように気を付けましょう。

気に入ったものを注文すると早ければ翌日~1週間程度で自宅に届きます。肝心の価格ですが、おおよそ純正品の3分の1くらいから6割くらいの価格で購入することができます。薄い生地で問題ないという人は純正品に比べて大幅に安く購入できます。通販ならスペーシアの社外品のフロアマットは1万円以内で購入できるものも多く、種類も豊富なのがうれしいです。
また派手なデザインの生地も用意されていますので、こうしたものを特注で購入できます。ですので派手なデザインのフロアマットが欲しいという人は、ぜひこうしたフロアマットも購入してみて楽しいカーライフを送って下さい。