愛着のわく車へ~フロアマットの交換

ハイラックスサーフは現在は中古市場にしか無くなっていますが、新車で購入して以降ずっと乗っている好きな車です。180系のサーフに乗っていて、その後210系のサーフへの移行して乗っていますが、純正のフロアマットではなく社外品に交換しています。

マットを変えれば社内の雰囲気がガラッと変わりますし、用途に応じた材質のものに変えた方が楽しめる可能性が拡がります。サーフのようなSUV車を利用していると、アウトドアで遊ぶ機会が多い方が多いですが、人によっては用途も変わるものです。

初めて乗り始めた頃は釣りに行ったり、海で遊んだり、アウトドアキャンプ、こういう用途で利用していた頃は撥水性の高いマットを選択して、汚れても平気なものを使っていました。今は汚れ無い遊び方になっていて、毛皮風のフワフワしたマットを活用していて、気楽に乗れて見た目がオシャレに見えるものを活用しています。

マット交換はお金もかかりますから、純正品のままでも良いという方も居ますが、用途に応じたマットを選べれば車生活が楽しくなるものです。交換に関してもそこまでの労力をかけずに行えますし、色や材質、洗いやすさや耐久性、色々な選択肢の中から選ぶ事が出来るものですから、相性の良いものを探してみるのも楽しみです。

飽きれば交換すれば良いですし、オーダーメードは少し値段もかかりますが、オーダーメードで自分のライフスタイルに合ったものを徹底的に追及してみるのも一つです。車関係の商品のオーダーメードとしては、マットはそこまでコスト負担をかけずに行えますし、見た目や乗り心地に大きな影響を与えるものですから、コストパフォーマンスが良い改造と言えるでしょう。家のリフォームでも床面だけを変えても印象が変わったり、機能面や歩き心地に違いが産まれるように、車のマット変更もリフォーム的な効果がありますから、好きな車をより好きになれるようなマットを選べると良いです。

自動車フロアマットは社外品も検討してみては

新車を買う時、表示されている値段に諸経費で購入できると思っている方も多いと思いますが、実際には含まれていないものも多く、そこからさらにプラスの費用が発生ます。代表的な物としてはカーナビ、ETC、ドアバイザー、ナンバープレートカバーそしてフロアマットです。

これらの物は販売店で購入するのが手っ取り早いですが、社外品での十分大体が利きます。そして販売店で購入する正規品と社外品を比較すると多くの場合機能的には変わらないのですが値段的には社外品の方が安く、デザインや機能などの選択肢が豊富となっています。特にフロアマットは社外品でも全く問題のない品物と言えます。

フロアマットは社外品と言えどもきちんと車両や型式ごとにカスタマイズされたデザインとなっており引いた感じも正規品と比べて全く遜色のないものとなっています。
またフロアーマットは長く使っていると痛みが出てきます。最初は正規品を購入した方でも、長く使っていて取替える際には正規品ではなく社外品での取換えで十分と言えます。

幾つか例を挙げてみます。軽自動車のダイハツムーブだと正規品は¥25,553 【消費税抜き23,660円(本体価格¥23,000+標準取付費¥660)】となっています。それに対して社外品のフロアマットは4,000円からとなっており高くても正規品の六掛けの13,000円程度となっています。デザインも正規品はグレーとベージュだけなのに対し社外品はカラーバリュエーションも豊富でチェックといった個性的なデザインの物もあります。
さらに大きな車両でヴェルファイアを見てみると正規品が88,000円から135,000円であるのに対し、社外品はなんと半値以下の25,000円程度からの購入が可能となっています。もちろん社外品ですがヴェルファイア専用設計されたフロアマットです。

カー用品販売店には在庫が無い場合が多いですが、取り寄せ可能ですし、取り付けに特に技術や工具が必要という事もありませんので、ネット通販での購入に向いている商品と言えますので新車購入時や、買い替えの際は社外品を検討してみるのも懸命な選択と言えます。

PR:工務店向け集客ノウハウ/生命保険の口コミ.COM/生命保険の選び方/女性向けエステ.com/英語上達の秘訣/マッサージのリアル口コミ.com/SEOアクセスアップ相互リンク集/JALカード/お家の見直ししま専科/住宅リフォーム総合情報/